全身関節痛の原因と対処法

全身関節痛を起こす病気にはいくつかあります。
感染症によるものや自己免疫疾患に多いのが特徴です。一時的なものでない場合には、自己免疫疾患が疑われます。もっとも多いのは膠原病です。体の中の膠原繊維がなんらかの原因によって変性し痛みが発生する病気です。症状は病気によって異なりますが、発熱や体重減少、貧血、循環器や肺、腎臓の悪化などの症状が共通しています。
関節に異常が起こってしまうと痛みのために、運動を行うことが難しくなったり、関節が変形し動かなくなるなどの症状が起こります。痛みにも種類があり、なにもしなくても痛むものや押すと痛むもの、運動すると痛むものなどがあります。
全身関節痛に対する対処法としては、痛みが強く熱感や腫れ、赤みなどが強いときは炎症が起きているためできるだけ安静にしておくようにします。この時に痛む所を冷やすと効果的です。気をつけないといけないのは、炎症が活発なときは温めてはいけないということです。炎症がさらに活発になり、痛みがひどくなってしまいます。この場合には冷やすのが正解です。炎症が活発でない時期には、温めることがいい方法です。入浴やホットパックなどを使用し患部を温めると痛みが減り動きやすくなります。
関節痛サプリメントには関節の痛みの経路を遮断して痛みを和らげる効果も期待出来ます。

【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム