手首の関節痛の予防と対策

手首の関節痛は、同じ手首の痛みでも原因は様々あるため、原因によって予防と対策は異なります。
一般的な関節痛の予防には、関節への負担に気を配ることです。スポーツなど関節を繰り返し使う場合は、負担がかかってしまい炎症がおこりやすくなります。そのため、サポーターや運動の前後にストレッチなどを行うことです。また、一度痛めた関節は、痛みなどの自覚症状がなくても元の状態に戻っていないこともあるため、特に気を配る必要があります。
変形性関節症の場合は、関節に炎症が起きることから痛みが生じるため、冷やしたりします。また、動かなくなることを防ぐために運動療法を行います。リウマチの場合は、長期間に治療が必要となります。悪化すると手の変形が進行するため、変形しないように動かすことも大切です。
痛風などが原因による関節痛の場合には、生活習慣によって悪化することがあります。喫煙やアルコールを控え、規則正しい生活を心がけることも対策のひとつになります。
他にも、関節組織の回復と骨の強化のために、グルコサミン、コンドロイチン、カルシウム、ビタミンC、ビタミンDなどの栄養素を積極的に摂取することです。3食に分けて十分な量を摂ることが望ましいですが、難しい場合にはサプリメントなどで補うことがおすすめです。

【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム


関連ページ

肩の関節痛の予防と対策
関節痛の部位別の対処方法。肩の関節痛の予防と対策について詳しく解説します。
指の関節痛の予防と対策
関節痛の部位別の対処方法。指の関節痛の予防と対策について詳しく解説します。
足首の関節痛の予防と対策
関節痛の部位別の対処方法。足首の関節痛の予防と対策について詳しく解説します。
膝の関節痛の予防と対策
関節痛の部位別の対処方法。膝の関節痛の予防と対策について詳しく解説します。
肘の関節痛の予防と対策
関節痛の部位別の対処方法。肘の関節痛の予防と対策について詳しく解説します。