肘の関節痛の予防と対策

比較的若い方に多く見られる肘の関節痛。
野球やテニスといったスポーツをする人や大工などの力仕事や重い荷物を運ぶような常に肘に負担がかかる人に起こりやすいです。
肘への負担がかかりすぎたことで関節痛が起きた場合は、肘を使わずに安静にしているか、熱を持っているようであればアイシングをしたりする必要が出てきます。
無理に負担をかけ続けると「関節炎」という炎症が起き、痛みだけでなく腫れなどの症状も現れる可能性もあるため、早めに医療機関へ行き診断を受ける必要が出てきます。
高齢の方でも若い方でもあまりにも痛みを感じるようであれば早めに対策を取ることが大切です。
肘の関節痛の原因として骨に異常がある場合もあります。自己判断はせずに医療機関を受信して検査を受けるようにしましょう。
起きた時や同じ姿勢で長時間いることにより、関節の動きが悪く感じたり痛みを感じます。
その他の肘の関節痛の原因として高齢という老化現象によるだけではなく普段の運動不足により、筋肉が衰えて肘の関節が固まってしまうために起こる場合があります。普段使わない衰えた筋肉を動かそうとすることで関節に負担がかかるため痛みを感じやすくなってしまうのです。
関節の動きや痛みを予防するには、なるべく同じ姿勢にしないことや片方に力をかけすぎないことも大切です。また冬の寒さや夏の冷房などにより、冷やさないことも関節痛予防の対策になるでしょう。
高齢の方であれば、軽い運動をすることが予防にもなります。ゆっくりと手や腕を伸ばしたりなどストレッチをすることで、関節の動きも良くなるでしょう。

【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム


関連ページ

肩の関節痛の予防と対策
関節痛の部位別の対処方法。肩の関節痛の予防と対策について詳しく解説します。
指の関節痛の予防と対策
関節痛の部位別の対処方法。指の関節痛の予防と対策について詳しく解説します。
手首の関節痛の予防と対策
関節痛の部位別の対処方法。手首の関節痛の予防と対策について詳しく解説します。
足首の関節痛の予防と対策
関節痛の部位別の対処方法。足首の関節痛の予防と対策について詳しく解説します。
膝の関節痛の予防と対策
関節痛の部位別の対処方法。膝の関節痛の予防と対策について詳しく解説します。