おすすめ!

 

【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム


関節痛の部位別予防方法記事一覧

肩の関節痛はとても辛いものです。関節痛になった時の対策や、ならないための予防を知っておくと、とても便利です。まず、対策ですが、関節痛が起きてしまった時は、肩をゆっくりと動かして筋肉をほぐすようにします。ストレッチなども良いですし、体操も良いです。身体の血行を良くするために、ジョギングやウォーキングをすることもよいでしょう。予防としては、日頃から気をつけるべき事は色々とあります。まず、片方の手だけで...

指の関節痛の原因として考えられる要素の一つに、「関節リウマチ」と呼ばれる病気があります。この病気は30代から40代にかけて発症しやすいといわれており、この年代では特に女性の場合では発症率が高いことが知られています。関節リウマチには様々な症状のパターンがあり、発症する場所にも個人差がありますが、指の関節は特に症状があらわれやすい部位の一つとなっており、発症した場合には関節痛や関節の腫れといった症状が...

手首の関節痛は、同じ手首の痛みでも原因は様々あるため、原因によって予防と対策は異なります。一般的な関節痛の予防には、関節への負担に気を配ることです。スポーツなど関節を繰り返し使う場合は、負担がかかってしまい炎症がおこりやすくなります。そのため、サポーターや運動の前後にストレッチなどを行うことです。また、一度痛めた関節は、痛みなどの自覚症状がなくても元の状態に戻っていないこともあるため、特に気を配る...

関節痛の中で年齢を追うごとに発症する方が多くなる箇所に足首があります。このページでは足首の関節痛の予防と対策をご紹介します。まずは加齢に伴う肥満の解消と栄養バランスです。単に太りすぎを改善するだけでなく、日頃からの栄養バランスで体の内側から、足首の関節痛はかなり改善されます。魚介類等でカルシウムを摂取しましょう。体の内側からの血流改善と冷え予防にはしょうがが効果的です。みそや大豆製品も多く摂るよう...

膝の関節痛は、中高年の方に多いため老化現象と捉えられることが多いですが、変形性ひざ関節症という病気などが原因で痛みを感じることがあります。関節痛は、症状が進行するにつれて常時痛みを感じるようになり、日常生活に支障が出るようになります。早めの予防や対策が必要となります。予防と対策には、生活習慣の改善が効果的です。関節痛は、軟骨がすり減ることにより生じます。軟骨は、骨が受ける衝撃を吸収するクッションの...

比較的若い方に多く見られる肘の関節痛。野球やテニスといったスポーツをする人や大工などの力仕事や重い荷物を運ぶような常に肘に負担がかかる人に起こりやすいです。肘への負担がかかりすぎたことで関節痛が起きた場合は、肘を使わずに安静にしているか、熱を持っているようであればアイシングをしたりする必要が出てきます。無理に負担をかけ続けると「関節炎」という炎症が起き、痛みだけでなく腫れなどの症状も現れる可能性も...