ストレスと関節痛の関係

ストレスは心身の様々な疾病の発症因子になり得ます。比較的軽微な疾病にも関係がありますし、癌や心臓病など重大な結果をもたらす病気とも大いに関係があります。その中には関節痛も含まれます。
精神的重圧が過剰な状態だと、筋肉が常に緊張した状態になり、身体が硬直しがちです。このような状態が続くと関節にも負担がかかってきます。こうして起こるのがストレス性関節炎です。また身体の免疫機能を低下させますので、関節痛は益々嵩じることになります。身体が酷直するということでは、緊張状態が続く中ではを強く噛み締めてしまうことでも関節炎が起こる可能性があります。この場合は顎関節炎ということになりますが、頭部や頸部であれば関節炎にかかる恐れがあります。筋肉の緊張状態は関節炎を誘発すると覚えておきましょう。
また精神的圧迫は関節炎のみならず、関節リウマチとの関係性があると考えられています。
これらの関節炎や関節リウマチに対処するためには、ストレスを上手に発散することしかありません。精神的な問題も当然ですが、運動不足の状態にある人は、簡単かつ軽い運動を心がけて、身体的にも身体的にもリラックスした状態を保つことが必要になってきます。こうすることで関節炎や関節リウマチの予防につながり、ひいては関節痛を回避することになります。

【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム