産後に起こる関節痛

膝の関節は、腰椎や股関節と同様に体重を支える役割を担う器官です。なんらかの原因で関節や腱・靭帯に炎症が発生していると関節痛を引き起こします。
産後に症状が出るのであれば、原因の一つは赤ちゃんの世話のために立ったり座ったりを著しく繰り返すことで膝の関節に負担がかかっていることが考えられます。特にほぼ座っているだけという生活習慣だった人であれば、その著しい変化によって膝を痛めている可能性があります。
また妊娠中の体重増加が膝関節を圧迫していた可能性もあります。妊娠中は副腎皮質ホルモンが大量に分泌されて炎症を抑えていたはずですが、産後はホルモンバランスが変化しますので、その結果膝に炎症を起こし関節痛を期待している場合があります。
さらにごく稀なケースとして、膠原病があります。出産をきっかけに免疫反応の異常をベースとして関節や筋肉に炎症を起こします。関節リューマチがよく知られています。若い女性に多いのは全身性エリテマトーデスで、産後に発症することが知られています。
痛みを抱えて赤ちゃんの世話をするのは辛いことです。今後は赤ちゃんの体重も増えてくるため、身体にかかる負担も大きくなることが予想されます。早めに整形外科を受診し、痛みの原因を突き止め、適切な治療を始めることが必要になってきます。関節痛に限らず、治療の開始は早いにこしたことはありません。また単純な関節炎であれば幸で、消炎鎮痛薬の服用だけで問題が解決することもあります。

【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム