プロテオグリカンの関節痛への効果

膝や腰などの関節痛は、軟骨が変形したことにより痛みが発生します。初期は、違和感はあっても痛みを感じることが少ないですが、進行するにつれて膝が腫れたり、水が溜まったりするようになると常時痛みを感じるようになり日常生活に支障が出るようになります。
プロテオグリカンに含まれている成分が変形した軟骨や磨り減った軟骨を元の状態に再生・活性化する効果があるとされています。軟骨は、骨と骨がぶつからないようにクッションのような働きをしますが、軟骨が正しく機能できないことで軟骨が摩耗していき関節痛を感じるようになります。
プロテオグリカンとは、タンパク質に糖が結合した糖タンパク質です。軟骨や皮膚にあり、保水力に優れており肌に潤いやハリを与える役割を持っています。
美肌以外にも変形性関節症の症状を緩和したり炎症を抑制する効果などがあります。プロテオグリカンに含まれるタンパク質は、分子の中にヒアルロン酸結合があるため、高い保湿力とともに関節の軟骨で衝撃を吸収する役割があります。減少することで、軟骨は粘弾性を損ない、本来の機能を果たせなくなります。コラーゲンと一緒に摂取することで、より関節痛の改善に効果があるとされています。

 

プロテオグリカンを補給できる関節痛サプリメントは「ステラ漢方のグルコサミン」です。

 

プロテオグリカン,効果,関節,関節痛


【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム