妊娠初期に起こる関節痛

妊娠初期は、ホルモンバランスが乱れやすく、便秘や下痢になりやすくなったり、悪阻などの症状が見られることが多くなります。
下半身を冷やすと、胎児には良くないので、ゆっくりとぬるめのお湯で入浴をすることが大切です。
胎児が成長してくると、骨盤周辺に痛みを感じることが多く、恥骨に痛みを感じたり、骨盤に痛みを感じたり、体重の増加が原因で膝などに関節痛を感じることがあります。
妊娠初期は、母体が大変デリケートになっているので、重い荷物を持ったり、長距離の外出は避けるようにして下さい。
妊娠初期は、悪阻が原因で一時的に体重が減少することがありますが、体に水分が溜まりやすいので、関節痛が起こりやすくなっています。
関節リュウマチなどの病気を疑っている方が多いですが、安定期に入ると改善してくる場合は、心配ないので安心して下さい。
発熱や関節の腫れ、痛みなどを伴う場合は、念のために病院で診察を受けたほうが良いでしょう。
安定期に入ると、胎児が大きくなってくるので、骨盤や膝の関節に痛みを感じることがあります。
赤ちゃんを出産すると、関節痛が改善されることが多いので、ほとんどの場合は問題ないことが多いです。
妊娠の初期は、体がだるく眠気が起こることが多いので、無理をしないようにして下さい。

 

【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム