非変性ii型コラーゲンの関節痛への効果

関節の痛みに効くとして今話題の成分があります。
膝などの関節が痛むのは年齢と共に軟骨が減っているためです。従って軟骨の材料であるコンドロイチンやグルコサミンを摂れば改善できる、というのがこれまでの定説でした。
しかし実は、軟骨の中で75%を占める水分の次に多いのは、今話題の成分「非変性ii型コラーゲン」なのです。体内にあるコラーゲンにi型、ii型など20種類があってそれぞれに役割を持っているのですが、関節の軟骨にとくに多く分布しているのがii型コラーゲンなのです。
さらにコラーゲンには「変性」と「非変性」とがあります。従来のコラーゲン素材は高熱処理を施した「変性」でしたが、変性コラーゲンは体内でアミノ酸に分解してしまい、体内でコラーゲン合成に利用されるのはその中のごく一部です。
ところが非変性コラーゲンは分解されることなくほぼそのままで小腸のバイエル板に届きます。そして非変性ii型コラーゲンに存在する「エピトープ」の働きで、免疫細胞に働きかけて関節炎を緩和する効果があるのです。
非変性ii型コラーゲンは熱によって変性してしまうので、摂取するときは必ず水で飲むようにします。従来のコラーゲンやコンドロイチン、グルコサミンに比べ少量でも効果があります。

 

非変性ii型コラーゲンを補給できる関節痛サプリメントは「快気節」です。

 

非変性ii型コラーゲン,効果,関節痛,サプリメント


【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム