軟骨は再生する?

年をとっていくと、肩、腰、ひじ、膝などの体のあちこちの関節がきしむように痛みはじめて、日々悩まされている方も多いことと思います。
このような加齢によって進行する関節痛の原因としては、関節部分でクッションの役割を果たしている軟骨の老化がもっとも大きいです。
骨と骨を繋ぐ関節部分に軟骨が存在することで、連結されている骨同士が動く際に衝撃が緩和されるため、骨がスムーズに動くことができるようになっています。また、若い間は、新陳代謝のスピードが速く、多少軟骨が古くなったり傷んだりしても、すぐに再生して元の機能を回復することができます。
しかし、年齢を経るうちに、新陳代謝のスピードが遅くなり、水分が失われて徐々に硬くなっていきます。この状態で関節が酷使されると、軟骨がすり減ったり欠けたりして関節が変形し、関節に炎症が発生します。これが関節痛の主なメカニズムです。
このような関節痛の改善、予防には、まずは、関節に大きな負担をかけないようにすることが大切です。
また、軟骨の再生を促進する物質を摂取することも関節痛をやわらげるのに効果的です。このような物質としては、タンパク質の一種であるコラーゲンや、最近話題のグルコサミンなどを挙げることができます。
関節痛サプリメントには軟骨の再生に役立つ成分が入っているので関節痛の予防や緩和に役に立ちます。

【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム