コンドロイチンの関節への効果

コンドロイチンは関節症の改善に効果ある成分になります。関節症とは長時間同じ姿勢でいたあと、ひざやひじ・指などの関節が動きにくくなったり、痛みを伴うことをいいます。こわばりや腫れ・痛みがある場合は、炎症をおこしている可能性があります。関節症はさまざまな原因からおこります。加齢になると関節痛になることが多く、軟骨がもろくなったり欠けたり・すりへったりすることで痛みを伴うようになります。コンドロイチンの効果は関節痛を和らげる働きがあります。コンドロイチンは骨と関節を守る上で重要な働きをもっていて、体の至るところに存在する成分ですが、特に関節に多く存在しています。血管のない関節に栄養分を供給するほか、関節軟骨を分解する酵素の働きを抑制して、新しい軟骨の生成を促す作用もあります。すりへった軟骨に水分を引き寄せて保水性や弾力性を与え、傷ついた軟骨を修復させて再生させる働きもあります。腰痛や神経痛・リウマチなどの病気にも有効な成分になります。コンドロイチンはグルコサミンと一緒に摂取すると相乗効果があります。コンドロイチンが多く含まれる食品は、納豆や山芋・おくら・なめこ・海藻などのネバネバした食べ物やふかひれ・どじょう・うなぎなどに多く含まれています。
食品からの摂取だけでは足りないと感じる方にはサプリメントでの補給がおすすめです。

 

コンドロイチンとグルコサミンがバランス良く配合されているサプリは「やわたの国産グルコサミン」です。

 

 

コンドロイチン,効果,関節,関節痛


【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム