【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム


関節痛に関する知識記事一覧

関節痛は加齢とともに多くの人に見られる疾患です。関節痛が悪化すると外出が億劫になり、家に引きこもりがちになり思考までネガティブになってしまうこともあるので軽視はできない症状です。晩年になって子育てが終わり、自分の時間が持てるのに家に引きこもっていては人生を謳歌することができません。そもそも関節痛の原因は、関節の軟骨成分が減少することによって引き起ります。関節軟骨はヒアルロン酸、コラーゲン、水分でで...

関節痛とは、体の関節の周辺で痛みが出ることで、一般的に肘や膝、手指や手足の関節、腰や手首などに症状が現れます。関節の表面を覆って、関節の動きを滑らかにしたり、衝撃を守っている軟骨が、加齢やゆがみなどの原因によってすり減ることが原因の一つとされています。それにより、変形や炎症を起こしてしまいます。関節痛の発症初期は、ほとんど自覚症状がありません。しかし進行すると、階段の上り下りや、立ち上がったり、正...

高齢者の多くが悩む症状の一つに、関節リウマチがあります。関節リウマチとは、関節痛や腫れが起こることで発症します。朝起きた時に手足が動かないなどの症状が現れることがあります。これを朝の強張りと言い、リウマチ患者の多くに見られる症状です。他にも、全身に倦怠感を感じたり、疲れが抜けなかったりと様々な身体現象が見られます。貧血症状や、目や肺の炎症も関節リウマチと関係しており、注意が必要です。関節リウマチの...

関節痛が起こる原因は様々ですが、症状を引き起こす主な原因は関節の中の関節軟骨が減少することです。関節軟骨は骨と骨の間で緩衝材としての役割を果たすものであり、この関節軟骨が減少してしまうと骨同士が直接ぶつかりあってしまい、その場所が炎症を起こしてしまいます。これが関節痛の起こるメカニズムです。ですから、関節痛を治すためには減少してしまった関節軟骨を再生することが一番なのですが、一度減少してしまった関...

女性の多くは、関節リウマチなどの症状に悩まされています。関節リウマチとは、関節痛や腫れなどの症状が起こることで、原因ははっきりしませんが、加齢によって関節軟骨が磨り減って起こるケースや、身体の免疫作用の働きが悪くなり、関節痛や腫れを引き起こすこともあります。また、指の強張りや、朝に手足が動かない、全身の倦怠感や疲労感、肺や目の炎症、貧血などの症状が見られることがあります。圧倒的に女性に多く、30代...

つらい関節痛でお悩みの方は多いものです。年齢が上がるにつれて体の様々な部分につらい症状が出てきます。その中でも大部分の方が関節痛に悩んでおられます。少しでも和らげたい、誰もがそう思うでしょう。関節痛の治療としては保存療法といって、原因となる病気を改善するために薬物療法や化学療法を行います。必要に応じて手術なども行います。それらと併せて、温泉が利用されます。温泉には関節痛を和らげる効果があります。お...

関節痛に効く栄養素は、関節軟骨に係わりのあるコンドロイチン・グルコサミン・オメガ3脂肪酸です。では、その栄養素が含まれる食べ物を挙げてみましょう。まずコンドロイチンですが、これは有名な栄養素なのでご存知の方も多いでしょう、例えばフカヒレや鳥の皮などです。他にも、納豆やオクラややまいもなどもありますが動物性の方が吸収率が高くオススメです。次にグルコサミンです、これもテレビなどでよく耳にします。これが...

年をとるとともに、関節痛を訴える人が増えてきています。そのため、関節痛は老化のひとつと捉え、我慢してしまう方が多いものです。加齢による関節の痛みと考えていた関節痛が時として病気が原因で起きている場合もあります。関節痛から考えられる病気のひとつに変形関節症があります。関節には、連結された骨と骨の間に、軟骨という水分を多く含むやわらない部位が存在しています。そして、連結されている骨同士が動く際に、この...

私たちの身体は加齢と共に老化し、身体の骨密度が低下し骨が折れやすくなったり階段の上り下りの際には関節痛が起こる場合もあります。特に関節痛については更年期の女性に最も多く見られます。この痛みの原因としては、閉経によるホルモンランスの乱れや、血行障害なども関係していると言われています。最近では、忙しいとインスタントやレトルト食品を多用しがちになり、そのため、栄養バランスが偏り身体の血流障害が起こって関...

関節痛は、一度起きてしまうと慢性化してしまうことが多く、個人差もありますがなかなか完治も難しい場合があります。特に膝の関節痛は、生活に支障が出てくる厄介な痛みです。関節痛に悩まされる前に、そもそも関節痛にならないようにするための生活を心がけることが重要です。関節痛は、運動量が減ることで発生する場合も多く、運動不足の人が年齢とともにその症状を発生させてしまうことが多いようです。20代30代40代から...