関節痛を予防するには

関節痛は加齢とともに誰にでも起こり得る症状ですが、日常生活の中のいくつかの習慣に気をつけることで予防することも可能です。
関節痛は関節に負担がかかることで発症しやすくなるため、普段から関節に負担をかけないような生活を心がけることが大切です。
特に症状が出やすいひざは、支える体重が重くなることで影響を受けやすくなるため体重管理が肝心となります。
体重が増えると立ったり歩いたりするだけでもひざにかかる負担が大きくなり、軟骨の磨り減りが加速して関節痛を発症しやすくなります。
しかし体重を減らすために、と過度に運動を行うことも関節への負担となるため、運動を行う場合は事前にしっかりとストレッチなどの準備運動を行って関節の動きをスムーズにした上で、疲れが残らない程度のペースで体を動かすことが望ましいです。
また、毎日履く靴の選び方も関節痛予防の観点からは大切であるとされています。
足に合わない靴を履いて歩くとピンポイントで筋肉や関節に負担をかけて傷めてしまう可能性があります。
靴はサイズはもちろんのこと足の形状に合ったもの、クッション性があって衝撃を吸収するものを選ぶようにしましょう。
このように日常のちょっとした習慣に気をつけることで症状を予防したり進行を遅らせることは可能ですので、加齢に伴い関節が気になってきたという方はぜひ取り入れてみましょう。


【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム