関節リウマチの治療について

関節リウマチとは、関節の痛みや腫れのことであり、朝、起きたときに手足が動かない、右手が痛むと左手も痛むなどの左右対称の症状が現れる、全身の倦怠感や疲労感などが起こるなどの現象が見られることもあります。
これらの原因は不明であり、はっきりしたことは分かりませんが、加齢による骨のカルシウム不足も要因の一つですし、身体の免疫力がおかしくなり、骨や関節を攻撃するなどの症状を起こすケースもあるようです。
関節リウマチは放置しておくと、症状が進行してしまい、膝関節が変形してしまうこともありますので、注意が必要です。
治療には、まず薬物療法が選択され、痛みの疼痛薬などを飲みながら、同時にリハビリテーションを行うことを第一とします。
あまりにも関節の変形が酷い場合には、外科手術の適応となります。
そうなると、日常生活にも支障をきたしますので、出来ればはやいうちの治療が大切です。
日頃から同一姿勢を続けたりすることを避け、関節に無理な体勢を取らないようにしましょう。
また、骨の形成に必要なカルシウムなどをしっかり取って、健康にも気をつけるようにすることが大事です。

【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム


関連ページ

関節リウマチの症状
関節リウマチの症状について詳しく解説します。
関節リウマチの原因
関節リウマチの原因について詳しく解説します。
関節リウマチの診断基準
関節リウマチの診断基準について詳しく解説します。