関節リウマチの原因について

人間は、加齢と共に身体も老化していきます。そのため、身体にもいろんな症状が現れることがあります。
高齢者に多い関節リウマチも老化による症状の一つです。
関節リウマチとは、関節に痛みや腫れが起こり、左手が痛み出したら、右手も痛むといったように、左右対称で症状が起こることが一般的です。
また、身体がだるく、疲れやすいなどの症状の他にも、貧血状態になったり、目や肺に炎症が起こったりすることもあります。
他にも、朝起きたら、手や足が動かないなどの現象が見られ、これを朝のこわばりと言い、リウマチ患者には多く見られます。
関節リウマチの原因は、はっきりとは分かりません。
ただ、もとからの体質や生活習慣などもきっかけとなり、発症することもあります。
そして、身体の持つ免疫機能がおかしくなり、自分の身体を攻撃してしまうことで、関節の痛みや腫れが起こることもあるようです。
リウマチの症状を改善するには、病院に行ってみてもらうことが大事です。
治療には、まず薬物療法が選択され、疼痛薬を飲みながら、同時にリハビリテーションをすることで症状の緩和をはかります。
しかし、関節の変形が激しい場合には、外科手術が適応されることもありますので、出来ればはやく治療をする必要があります。
普段から無理な姿勢をとらないようにして、食事でもカルシウムをしっかり取るようにしましょう。

【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム


関連ページ

関節リウマチの症状
関節リウマチの症状について詳しく解説します。
関節リウマチの診断基準
関節リウマチの診断基準について詳しく解説します。
関節リウマチの治療
関節リウマチの治療について詳しく解説します。