関節が鳴るのは大丈夫?

ストレッチや腰や足の曲げ伸ばしの際、ポキッと音が鳴ったことは誰しも一度ならず何度も経験しているでしょう。音が鳴る原因は諸説あります。現段階では関節の中を液体が移動する際、発生する気泡の破裂音だという説が最有力とされています。関節がスムーズに動けるように、その周りには潤滑油のような役割をする液体が関節を包んでいます。液体は関節の動きと一緒に移動するのが通常ですが、無理な角度で急に動かしたりすると圧力が乱れ、液体も急に移動し気泡ができそれが破裂すると言われています。故意に鳴らそうと無理な強い力をかけると音がした部分に損傷を与える場合があるのです。
日常生活の動作やストレッチなどで音が鳴ってしまうのまず問題ありません。
しかし故意に音を鳴らすことがクセになり、頻繁に音を鳴らしリフレッシュをすることは避けなければなりません。ある動作で必然的に音が鳴ってしまうのは仕方ありません。音を出すことを予防するには曲げ伸ばしを意識的にゆっくりしたり、体を温めてウォームアップをし柔らかくなってからその動作をすると音が鳴りにくくなります。
しかし音だけでなく、ピリピリした痛み鈍痛、また違和感を感じるならば、早めに病院で診察を受けましょう。そのまま音を鳴らし続けていると思わぬ後遺症が出てしまう場合もありますので注意が必要です。

 

【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム