変形性膝関節症にはサポーターがおすすめです

変形性膝関節症は長い生活の中で関節の軟骨が磨耗し、骨同士が接触するようになり痛みが発生した状態のことを言います。
骨同士がこすれるため、関節を動かすと骨がこすれる音がしたり、関節がゆるくなるために左右や前後に関節の動揺が見られるのが特徴です。
変形性膝関節症になると、膝関節の変形が起き、病変部位に集中して負担がかかるようになるためどんどん悪化するのが特徴です。
悪化するのに伴って痛みは強くなっていきます。このような痛みがある場合におすすめなのは変形性膝関節症サポーターの使用です。サポーターには保温効果があります。膝関節は冷えると痛みが強くなる傾向があります。そのため変形性膝関節症サポーターを使用することで、膝関節が冷えることを防ぐことができ、痛みが出るのを防ぐことができます。
また冷えると筋肉は硬くなり機能が低下してしまいます。筋肉は膝関節を支える重要な役割をしているため、働きが悪くなると痛みが強くなるのです。また変形性膝関節症サポーターには変形を予防する効果があるものがあります。締め付けが強いものを利用すると軽度の症状であれば関節の変形を予防することが可能です。関節のアライメントを正常に保つので、正しいところに荷重がかかり負担を減らすことができます。

 

【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム


関連ページ

変形性膝関節症の症状
変形性膝関節症の症状について詳しく解説します。
変形性膝関節症の原因
変形性膝関節症の原因について詳しく解説します。