変形性膝関節症の症状について

変形性膝関節症とは、膝にある軟骨がすりへってしまったことでクッション性を失い、骨と骨がぶつかりあうことで炎症を起こして関節が変形してしまうものです。この変形性膝関節症の症状は、歩き始めた時や、長い時間歩いた後などに、膝に痛みを感じるようになります。また、膝に水がたまってしまったり、鈍い痛みがつづきます。膝の動き自体も悪くなってしまいます。
初めの頃は、階段や段差を降りる時などに痛みを感じるようになります。鋭い痛みです。少し症状が悪化してくると、階段や段差を登る時にも痛みを感じるようになります。膝を曲げること自体に痛みを覚えるようになり、次第に、歩くことや走ることでも、痛みを感じるようになっていくのです。また、長い時間、同じ状態でいてから動いた時も、痛くなってしまいます。例えば、朝、起きる時などです。朝、ベッドから起き上がろうとすると、のばしていた膝を曲げることになります。その時、痛みを感じてしまうのです。更に悪化してくると、何もしていなくても、鈍い痛みを感じつづけるようになります。
このような症状は、適切なリハビリを行うことによって改善することが出来ます。温湿布をしたり、太ももや股関節を鍛える運動をするようにしましょう。

 

【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム


関連ページ

変形性膝関節症の原因
変形性膝関節症の原因について詳しく解説します。
サポーターがおすすめ
変形性膝関節症にはサポーターがおすすめです。症状の緩和や痛みの軽減にサポーターは必須です。