変形性膝関節症の原因を知りましょう

変形性膝関節症になると、膝が痛くなってしまい、階段の昇り降りの時などにつらい思いをします。
症状がひどくなると、床に座ることも出来なくなります。
この変形性膝関節症の原因とは、どのようなものなのでしょうか。
膝関節は、上の骨と下の骨が直接ぶつかってしまわないように、軟骨でおおわれています。軟骨がクッションの役割を果たしてくれているのです。しかし、年齢を重ねるにつれて、この軟骨がすり減っていってしまい、骨と骨が直接あたってしまうことになります。そのため炎症を起こし、関節も変形してしまいます。これが変形性膝関節症の原因です。
また、年齢を重ねるだけでなく、太ももの筋肉や股関節の筋肉が衰えてきた場合も、変形性膝関節症になりやすくなります。そのため、あまり運動をしない若い人の場合や、肥満の人の場合もなりやすいのです。この変形性膝関節症にならないためには、股関節や太ももの筋肉を鍛えることが大切です。足をあげるなどのストレッチをしたりして、こまめに運動をするようにしましょう。ウォーキングなどを行うことも、とても良いです。また、肥満が原因の人はダイエットをすることによって体重を落とすことが大切です。

【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム


関連ページ

変形性膝関節症の症状
変形性膝関節症の症状について詳しく解説します。
サポーターがおすすめ
変形性膝関節症にはサポーターがおすすめです。症状の緩和や痛みの軽減にサポーターは必須です。