関節痛を改善するグルコサミンの効果

ひじ、ひざ、腰等の関節痛は、加齢や酷使したことなどにより骨と骨とをつないでいる軟骨部分がすり減ることから起こります。軟骨の部分は水分をたっぷりと含んだ組織であり、骨と骨とがぶつかるのを防ぐクッションとしての役割をはたしています。また、関節を動かすための潤滑油的な役割もはたしています。その軟骨を形作るのに重要な成分がグルコサミンです。この軟骨部分がすり減ってしまうと、骨と骨が直接ぶつかるようになり、関節の動きも鈍くなるために、痛みにつながるのです。
軟骨はコンドロイチン硫酸やヒアルロン酸が主な成分ですが、これらは体内で合成されるアミノ酸であるグルコサミンから生成されます。しかし、加齢により体内のアミノ酸生成も減っていきます。軟骨の成分が減っていくことにより、軟骨がすり減り、関節痛の原因となるのです。軟骨がすり減ったことによって起こる関節痛を改善するためには、サプリなどによってアミノ酸を外から供給するのが効果的です。そうすれば、軟骨の生成がうながされるので、関節痛の改善が期待できます。グルコサミンには関節の炎症を抑える効果もありますので、それも関節痛を和らげる効果の理由と考えられています。関節痛改善のためのグルコサミンの1日の摂取量の目安は1500mgです。

 


【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム