コラーゲンの関節への効果

年齢とともに膝や肘、腰などの関節がどんどん痛みだして困っている、とお悩みの方も多いことでしょう。
このような加齢によって進行する関節痛の原因は、変形関節症という症状である場合が多いです。
では、変形関節症とはどのような症状でしょうか。
関節には軟骨という、水分を多く含むやわらかい部位が存在し、この軟骨がクッションの役割をすることによって、関節で繋がれている骨同士がスムーズに動くことができるようになっています。
変形関節症とは、長年の間に軟骨が酷使されて、軟骨の中の水分が失われ、軟骨がすり減ったり欠けたりする症状です。軟骨が傷むことによって関節部分に炎症が生じ、これが関節痛となって現れるのです。
従って、軟骨の新陳代謝をよくして再生させることができれば、症状を改善することが可能となります。
軟骨は、その50%がコラーゲンというタンパク質の一種からできています。
若い間は、新陳代謝が速いため、コラーゲンが失われてもすぐに生成されるのですが、年齢を経るとともに新陳代謝のスピードが遅くなって、徐々に軟骨も老化していくのです。
そこで、コラーゲンを多く摂取することにより、新陳代謝を促進して軟骨の再生を促進するという効果が得られます。

 

関節軟骨に含まれるコラーゲンはA型コラーゲンです。
関節痛の予防や解消を目的としてコラーゲンを摂取する場合は、天然コラーゲンの特性を壊さない非変性のA型コラーゲンが配合されている関節痛サプリ「快気節」がおすすめです。

 

 

コラーゲン,効果,関節,関節痛


【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム