コラーゲンの副作用について

ハリのある肌に良いとされるコラーゲン。髪が太くなったり、骨が強くなったり、傷を早く治してくれたりと美肌以外にも良い効果をもたらしてくれます。女性は特に美容面での効果を期待して積極的に摂取してる方も多いのではないでしょうか。良い効果が多いだけに副作用も心配です。
コラーゲン自体には副作用はありません。しかしドリンクやサプリなどで摂取することにより、弊害が起こる場合はあります。
例えば、含有量の多いサプリなどを摂取し、体内に急激にコラーゲンが増えたことで、細胞が驚いてしまい、対応しきれなくて疱疹などの症状をきたしたり、コラーゲンだけが増えても分解、吸収が出来ないので処理しきれないものを排泄しようと、嘔吐や下痢などの症状が出てしまったり、コラーゲンは、もとはたんぱく質であるので、加工過程がいい加減であったりすると、変質し吸収、分解されなくなってしまうので異物とみなされ、アレルギーの原因になったりしてしまいます。
それを防ぐには、サプリやドリンクなどは変質の心配がない質のいいものを、少しずつ摂取していき、コラーゲンの吸収を助ける役割のビタミン、ミネラル類を一緒に摂取することが必要です
関節痛の予防や改善には非変性ii型コラーゲンが有効との研究結果があります。
非変性ii型コラーゲンを配合した関節痛サプリメント「快気節」がおすすめです。

 

 

コラーゲン,副作用,関節痛サプリメント


【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム