関節痛を改善するコラーゲンの効果

加齢とともに気になってくる関節痛の症状。
症状が進むと最悪の場合人工関節を埋め込む手術が必要となることもあり、日常生活の中でできるだけ関節に負担をかけないように心がけたいものです。
関節痛は関節と関節の間でクッションの役割を果たしている軟骨がすりへることで起こります。
軟骨がすりへることで形が変形してしまうと関節と関節がぶつかり合い、痛みを生じるというわけです。
軟骨のすりへりは加齢のほか体重の増加や過度な運動などによって関節部分に負担がかかることによって徐々に進行しますが、軟骨を形成している成分であるコラーゲンを食事やサプリメントなどで補うことである程度症状を改善させることが可能であるとされています。
コラーゲンは肌や髪、骨、軟骨など体内で様々な部分を作る基礎となっている成分ですが年齢とともに減少していきます。
体内のコラーゲン量が減ることで肌にしわができて衰えていくのと同じように軟骨も劣化していき関節痛の症状を引き起こすのです。
しかし普段の食事やサプリメントでコラーゲンを補って軟骨へ供給させることで再び関節の間にクッション性が生む効果が現れ、痛みを改善させることが可能です。毎日意識的に十分な量のコラーゲンを摂取するように心がけましょう。

 


【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム