関節痛でお悩みの方のためのサイトです

関節痛 サプリメント,関節の痛み,サプリ,ランキング

年齢とともに、膝や肘、肩、腰など体のあちこちの関節が痛む、という症状でお悩みの方は多いものです。

関節痛は軽く見られがちな症状の一つですが、ケアを怠ると症状が悪化して関節が動かなくなったり変形する原因にもなる怖いものです。
放っておくとどんどん進行していき日常生活に支障をきたすため早期の対策が必要です。
関節痛のメカニズムや原因をしっかり理解して予防や改善に取り組めば痛みを取り去ることが可能です。
年だから仕方がない、と割り切らずに痛みの原因を知り症状を改善させる対策へつなげることが大切なのです。
加齢とともに症状が進行する関節痛は、変形関節症が原因であることが多いです。
変形関節症とは、関節部分にあるクッションの役割をしている軟骨が、長年の関節の酷使によってすり減ったり欠けたりして変形する症状のことです。
変形関節症の多くは加齢とともに軟骨が老化して硬くなっていくのが原因で発生します。軟骨がすり減るなどして変形すると、関節の周囲に炎症が生じやすくなり、この炎症が元で関節痛が発生するのです。
このサイトはそんな関節痛にお悩みの方のために役立つ情報を提供するためのサイトです。
正しい知識で関節痛の予防や改善に取り組みたいとお考えの方のために作成しています。
是非、あなたのお悩み解消にお役立てください。

サプリメントで関節痛を解消しませんか?

関節痛 サプリメント,関節の痛み,サプリ,ランキング

関節痛は関節の周りを覆う関節をスムーズに動かすためや骨と骨のあいだのクッションの役割を果たす軟骨成分が減ってしまうことで発生します。

老化とともに軟骨成分の生成するスピードより減少するスピードが上回ることで関節痛が起こりやすくなるのです。
この軟骨成分の減少スピードを遅らせるためには、毎日の食生活を見直したり適度な運動を行って若々しい身体を作り上げることが大切です。
しかし、食物から軟骨成分を補給するのは食が細くなった方には難しい場合があります。
また、すでに関節痛でお悩みの方には適度な運動を行うのが困難な場合もあります。
そんな食生活や運動が難しいという方には軟骨成分をサプリメントで補う方法があります。
関節痛の痛みを緩和する効果の期待が出来る関節痛サプリメントの利用をおすすめします。
最近は軟骨成分と同じ自然由来の成分をはじめとする効果の高いサプリメントが増えています。
このサイトでは効果の実感が早い、継続することで以前よりスムーズに動けるようになったと話題の関節痛サプリメントを厳選し、ランキング形式でご紹介しています。

 

関節痛サプリメントランキング

関節痛サプリメントをおすすめする理由

関節痛 サプリメント,関節の痛み,サプリ,ランキング

関節痛サプリメントが関節痛に効果的なのはどうしてでしょうか?

ここで関節痛サプリメントをおすすめする理由を説明します。
関節痛が起きる原因は関節を支えている軟骨のすりへりです。
関節と関節の間にはクッションとなる軟骨があり、歩行時などに関節同士がぶつかり合うのを防ぐ役割をしています。
しかし関節は加齢や体重の増加、過度な運動といった様々な要因によって徐々にすりへりクッション性を失ってしまいます。
すると関節同士がぶつかり合いスムーズに動かなせなくなることに加えて痛みが生じるのです。
軟骨は加齢によってコラーゲンやプロテオグリカン、ヒアルロン酸といった軟骨を形成している成分が減少することで次第にすりへってしまいます。
食事から十分な軟骨成分の元となる栄養素を摂る習慣付けが必要となります。
しかし普段の食事からでは十分な栄養分は摂りきれないのが現実です。そんな時に関節痛サプリメントが役立ちます。
軟骨を形成する成分であるコラーゲン、プロテオグリカン、ヒアルロン酸といった成分はサプリメントで効果的に補うことが大切です。
また関節痛の症状改善する成分が配合されているサプリメントもあるため、軟骨のすりへりを予防したい方の他にも関節痛でお悩みの方にも関節痛サプリメントはおすすめです。

 

関節痛サプリメントランキング

関節の痛みに効く!話題の成分「プロテオグリカン」

これまで、関節痛サプリメントというとグルコサミン、コンドロイチンという成分が主流でした。
グルコサミンはカニやエビ由来のアミノ糖の一つです。コンドロイチンはグルコサミンと相性が良いとされる軟骨成分です。
今、話題をあつめているのはプロテオグリカンという成分です。
プロテオグリカンは、グルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸など美容に良いとされている成分を構成要素とする真皮や細胞と細胞の間、軟骨に多く含まれている本物の軟骨成分です。保湿力は美容に良いと有名なヒアルロン酸より上です。また、肌の細胞を増やしたり成長させたりする因子を増加させる効果もあり、細胞の若返りにも貢献します。肌の老化などのトラブルはこの細胞を増やしたり成長させたりする因子が減少することによって起こっています。なのでその因子を補ってやれば老化の速度を緩められるということです。その他膝の関節炎などにも非常に有効なのですが、そのような優秀なものがなぜ市場に出回らないのでしょう。それは抽出が難しくコストがかかってしまうためです。サプリメントにしても高額になってしまうため手に取ってもらいにくくなってしまったのです。しかし最近では新しい技術が開発されたため、コストが下がり価格も安定してきました。
グルコサミンやコンドロイチン配合の関節痛サプリメントではあまり効果を感じられなかったという方に、プロテオグリカン配合の関節痛サプリメントがおすすめです。

 

プロテオグリカン配合の関節痛サプリ「ステラ漢方のグルコサミン」はこちら

関節痛とは?

関節痛 サプリメント,関節の痛み,サプリ,ランキング

年齢とともに、肘、肩、膝、腰などの様々な関節痛に悩まされる方が多くなります。

ここでもう一度、関節痛についておさらいしましょう。
関節痛の原因としては、大きく分けて2つあります。変形関節症と関節リウマチです。
変形関節症とは、関節部分でクッションの役割をする軟骨が加齢とともに老化し、また、多年の酷使によってすり減ったり、欠けたりすることにより、関節の周囲に炎症が生じる症状のことです。
この変形関節症は、関節部分に大きな負担がかかる状態が続くことで悪化します。従って、肥満気味の方は、まずは、運動や食事療法によって体重を減らすことが最も重要です。食事で補いうことが難しい成分はサプリメントで補うことが有効とされています。
また、関節部分を温めたり、血行をよくしたりすることによっても、関節痛の症状が緩和されます。
関節リウマチも、変形関節症と同様に関節痛を生じさせるのですが、そのメカニズムは全く異なります。
関節リウマチは、自己免疫システムの異常によって引き起こされるもので、自己免疫疾患の1つです。
関節部分に炎症などが生じたときに、体内の免疫システムが過剰に反応してしまい、関節の組織が破壊されるなどして、関節の周囲に痛みは腫れを生じさせます。この関節リウマチの治療は、主に薬物療法で行います。痛みや腫れなどの症状を抑える薬(抗リウマチ薬)を用いますが、最近では、関節の破壊を止める薬など、新しい薬も開発されてきています。

関節痛の原因その1「変形性関節症」について

変形性関節症とは関節が変形する病気のことで、膝や股・脊椎・肩・肘などが腫れて痛みを伴います。変形性関節症は、骨と骨の間にあってクッションや滑らかな動きを可能としている組織の軟骨がすり減って、滑らかな動きができなくなり摩擦が生じるようになります。関節の内側にある滑膜に炎症が起こったり水がたまったりします。骨にも影響する病気で、軟骨の下の骨が硬くなったり突起がでたりして骨が変形します。変形性関節症の原因は加齢によるものや、遺伝性・肥満・スポーツ選手など関節を使う職業などの人がなることもあります。変形性関節症の検査は、問診やエックス線検査・血液検査・関節液の検査などがおこなわれます。血液検査では、血沈やCRP・リウマトイド因子などの項目から関節リウマチなどのほかの病気がないか調べます。関節液の検査は、量や色にごり具合を見ることで関節の状態を確認します。変形性関節症の治療法は、薬物療法になります。炎症による痛みや腫れを治療するには、非ステロイド性抗炎症薬が処方されます。ヒアルロン酸やステロイドなど関節に注射することで、関節の機能を回復させたり痛みを和らげたりします。運動療法も重要で、水中歩行やストレッチをおこなって関節の動く範囲を広げて症状を改善させます。

関節痛の原因その2「関節リウマチ」について

関節痛 サプリメント,関節の痛み,サプリ,ランキング

関節リウマチとは、関節に痛みや腫れが起こることであり、進行すると、関節の変形が起こることもあります。

リウマチの症状は、他にも、身体の疲れが取れにくくなったり、倦怠感が常にあったり、貧血などの現象が見られることがあります。
また、手指の強張りや、朝、身体が動かしにくい、左右対称に痛みや腫れが出現するなどの症状が見られることもあります。
関節リウマチは、治療する場合には最初に薬物療法が選択されます。
ブシラミンやサラゾスルファピリジンなどの抗リウマチ薬や、インドメタシンなどの抗炎症薬を使用して、症状の緩和を行います。
その他にも、リハビリテーションも同時に行い、関節が動きやすくなるようにしていきます。
それに、日常生活でも、同一姿勢を出来るだけ避けるようにして、関節に負担をかけないようにします。
カルシウムなどの栄養素もしっかり取って、身体の機能の向上をはかり、健康に良い生活を送るように心がけましょう。

関節の痛みを放っておくとどうなる?

関節痛 サプリメント,関節の痛み,サプリ,ランキング

関節が痛む原因のひとつにリウマチ性疾患があります。

関節リウマチは、放置することで、痛みや変形が進行していきます。そのため、適切な治療を早期に始めることが大切になります。
また、膝の関節の場合は、体重がかかった時や曲げ伸ばしをするときなどに痛みを感じるようになります。日頃から膝には大きな圧力がかかってしまうため、軟骨が少しずつ減り始め、起床後の活動始めなどにひざのこわばりを感じるようになります。個人差はありますが、1、2ヶ月から数年間この状態が続き、人によっては、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返す場合もあります。進行していくと、歩いている時にも痛くなり始め、左右の膝の形が違ったり、O脚になったりと足が変形していきます。末期になると炎症を起こしたり膝の中が熱っぽくなり、腫れたりと症状がひどくなっていきます。関節の状態が悪化すると寝たきりになることもあるため、痛いからと体を動かさずにいると骨や筋肉が弱くなり、固く凝縮してしまうため、積極的に動くことが大切です。また、和式トイレより洋式トイレ、椅子の生活をする、なるべくベットを利用するなど膝の関節への負担を少しでも軽くできるように生活することです。

関節痛の対処方法と関節痛サプリメントの効果

関節痛 サプリメント,関節の痛み,サプリ,ランキング

関節痛の対処方法としては、まずは関節にかかる負荷を軽減することです。

例えば、膝や腰の関節は体重が重いほど大きな荷重がかかることになります。関節に負担がかかることで軟骨がすりへりやすくなるのです。
そのため肥満気味の人は体重管理に気をつけることも痛みの改善に効果的です。
肥満の方、あるいは肥満気味の方はまずは体重を落とすことからはじめてみましょう。
ただ、体重管理のためと激しい運動を行って膝への負担が増えるとさらに症状が悪化する可能性がありますので、運動を行う場合はストレッチなど準備運動を怠らず、息が上がらない程度の適度な強度の運動を心がけましょう。
また、関節痛は、痛みが生じている関節部分を温めたり、血行をよくしたりすることによっても改善されます。
従って慢性的な関節痛を患っている場合の対処としては、体重を減らし、また、体中の血流の流れを促進するために、適度な運動を行うのがよいでしょう。また、食事療法によって、必要な栄養素を摂取しつつ、摂取カロリーを控えることも大切です。
軟骨の成分を補うための栄養素を効率よく摂取するためには関節痛サプリメントの服用がおすすめです。
関節痛サプリメントの効果は軟骨成分の補給の以外に痛みを和らげ活動的になれるような元気の源がたくさん含まれています。
歳を重ねるごとに軟骨成分が減ってしまうのを食い止め関節痛の予防に取り組むことで活動的な生活を送りましょう。

 

関節痛サプリメントランキング

【おすすめ!】栄養機能性食品・皇潤プレミアム


更新履歴